ホーム
「あなたとリフォーム」とは?
インストラクター&リフォームキットのご案内
おとぼけママの後片付けのすすめ
会社案内
お問合せ
リンク
サイトマップ
地図
プライバシーポリシー
お電話は028-623-1591

ホームおとぼけママの後片付けのすすめ > お風呂編

おとぼけママの後片付けのすすめ

有限会社フリーウエイブ代表取締役・佐藤麗子がつづるお役立ちコラムです。

プロローグ片付けのコツトイレ編|お風呂編|台所編洗濯編玄関編
クロゼット(タンス・押入れ)編ベッド(寝具)編リビング編

 お風呂編

お風呂だって後片付け。

お風呂掃除って結構おっくうだよね。気がつくと湯垢の筋がついてたり、あちこちにカビが生えてたり…。お風呂は疲れを落とす最高の場所なのに、掃除でストレスが増えちゃしょうがない。そこで、お風呂も後片付け。まず、家族で「お風呂掃除は最後に入った人がやる」と決める。まずはお風呂に入る。頭も身体も洗ったら、ついでに壁を一面だけ掃除する。全部だと大変だから、一面だけ。どうせ裸だし濡れたって大丈夫。そして、出る前にお湯につかるでしょう。そしたら、そこでお湯の栓を抜く。お湯が減っていく湯船の中で、周りについた湯垢を体を洗ったタオルでグルリとひと撫で。えっ、気持ち悪いって?だってあなたから出た垢でしょう。それに、出るときシャワーで流すでしょう。お湯を抜いている間に半身浴しながら、踵のお手入れでもすれば最高だよ。全部お湯が抜けたら、湯船の中をシャワーでグルリと流せば、洗剤なんて使わなくても充分きれい。そして、壁と床に冷水のシャワーをかけて結露防止。自分の足にもかけて、湯ざめ防止。

お風呂編お風呂編

上級者は、バスタオルで仕上げ。

体を拭いたバスタオルで、ついでに壁と湯船の中をざっと拭き取る。最後にバスタオルを大きく広げて床に敷く。出口の足マットはスポーツタオルがおすすめ。足マットで出入り口を拭く。バスタオルも足マットも一緒に洗濯機へ。次の日お風呂に入ろうとすると、「あれー誰が掃除してくれたの?」それは昨日のあなた。

←前へ    次へ→

プロローグ片付けのコツトイレ編|お風呂編|台所編洗濯編玄関編
クロゼット(タンス・押入れ)編ベッド(寝具)編リビング編

▲このページの上部へ